現金が手元に1000円もなくなり支払に困ってお金を親に借りた話

お金に困ったとき、あなたならどうしますか?

私は、借金をしてしまい、今もお金に困っています。毎月の返済に追われ生きていくことがつまらなく感じるほどでした。

また、私がお金が無くなって困ったしまった原因ですが、お恥ずかしながらギャンブルです。本当に馬鹿でした。

お金が無くなった状況は、31歳の春、クレジットカード、借金の返済、家賃などがギャンブルで一切払えない状況でした。

金額にして、50万円です。毎日返済日のことが気になってしまい。私は、仕事も手につかない状況でした。

最初は、もう少し借金をして返済しようと考えていたのですが、業者から追加の融資は受けられない状況で、もうどうやってもお金を手当することはできない状況でした。

悩んだ挙句に親に相談をしました。そして自分のふがいなさに泣きました。

話の切り出しかたは、「実はお金に困っていて少しお金を貸してほしい」と切り出しました。

親は、びっくりした様子でいくらの借金があるのか、なんでそうなったのかとあれこれ質問をしてきました。当然ですよね。

親はなんとかお金を50万円も工面してくれ、その月の支払に充当することができました。

お金はまだ余裕があるわけではないですが、なんとか生活できているので、日々改善していこうと思います。

また、親への返済は、毎月5000円として、徐々に返済していくことを約束しています。

今お金に困っている人がいたら、借金を増やすのではなく、正直に親に話して助けてもらうことがよいと思います。

私も今はなんとか、生活を楽しむ余裕が少しずつですが、出てきました。

広告