私はニュージーランドに住んでいますが、マイホームを購入するにあたって銀行の住宅ローンを申し込みました。

その銀行を選んだ理由は、長年自分が口座を持っていたことと、大手銀行の方が消費者金融などより信頼できるような気がしたからです。

ニュージーランドは、世界の中でもとても高い金利政策を取っていて、日本の住宅ローンとは比べ物にならないほど高い金利です。

今でこそ少し下がってきましたが、私が家を購入した当時は10%前後を維持していました。

ローンを組む前は、専業主婦をしていましたし、ローンを組んでからも1年間くらいは専業主婦を続けていました。

しかし、やはり10%という金利を払い続けていくのはとても大変です。生活も苦しくなってきましたし、以前楽しんでいた娯楽なども減らさなければならない状況になりました。

月々の返済額は日本円にすると約15万円くらいでした。パートナーは頑張って働いてくれていましたが、私も仕事を探すしかない状況になり、フルタイムの仕事に就職しました。

住宅ローンは、将来への投資だと思っています。

自分たちのライフスタイルによっては値段が上がった時に売却することも考えています。それと家賃を払い続けるよりは、確実に自分たちのものとなるマイホームにお金をつぎ込んだ方がいいと思い、高金利でもあえて住宅ローンをかかえる選択をしました。

ただ現在でも、ローンの返済に追われているというのが現状ですので、もう少し給料のいい仕事を見つけてライフスタイルに余裕を持てればいいなと考えています。

なんどでも1週間無利息【ノーローン】

ノーローン公式ホームページはこちら

広告