総量規制対象の貸金業者と対象外の銀行カードローンについて

総量規制とは簡単に言うと、貸金業者に年収の3分の1を超える貸付を原則禁止する制度です。

他にも1つの金融機関から50万円超えの借入を行う場合、または、全体の借入総額が100万円超えの時に年収資料を提示する必要があると定められています。

貸金業者が守るべき規制なので、銀行カードローン等は対象外で、銀行では審査に通れば総量規制枠以上の借入が可能になっています。

消費者金融でも、返済の為のおまとめローンというような、借金を一本化して利息負担を軽減するサービスに関しては、総量規制対象外のサービスとして提供できるようになっています。

ここでいう貸金業者とは消費者金融会社・事業者金融会社・クレジットカード会社・信販業者等を言います。

銀行・ゆうちょ銀行・農協等金融機関からの借金に関しては総量規制の対象外です。

総量規制が実施されるようになった背景は、借金で苦しむ方が続出し、社会問題になった事があるからで、借金によって返済に苦しんで多重債務になったり、自己破産を未然に防ぐ為に実施されるようになりました。

貸金業者を高利貸しと読んだ時代があり、大きな貸し付けと高い利息は社会に対して大きな問題をもたらしたので、借金に苦しむ方を増やさないように制限枠を設定した背景があります。

銀行でのカードローンは利息が安い傾向にあります、しかし規制が無いからと、借入をしすぎては困った事になるので、計画的に借入を行うのが望ましいです。

広告