総量規制とは、原則として借入残高の合計が年収の3分の1を超過するような貸付を禁止するという制度のことを言います

総量規制とは、原則として借入残高の合計が年収の3分の1を超過するような貸付を禁止するという制度のことを言います。
しかしながら、銀行から借入する場合はこの総量規制の対象外になっています。
総量規制の対象になる貸金業者というのは、消費者金融会社、クレジットカード会社、事業者金融会社、信販業者等です。
そのため、銀行から借入を行う場合は、年収の3分の1を超過した場合でも問題ありません。
このような総量規制が生まれた背景というのは、総量規制ができるまで増加していた自己破産や多重債務が大きく関係しています。
つまり、年収をベースにして借入を抑制することで、自己破産や多重債務が増えるのを防止しようという目論見があったのです。
しかしながら、この総量規制は問題点もあります。
消費者金融を利用して借入を行っていた利用者は全国に非常に多くいるそうで、年収の3分の1を借入が超過していたような人は全体の相当な割合を占めるそうです。
このような人達のほとんどが、新しく借り入れすることができなくなると、返済するためにヤミ金融業者と言わるようなものを利用する恐れがあります。
総量規制は多重債務を防止する目的であるのに、ヤミ金融業者を利用することになれば全く意味がありません。

広告