総量規制とは2010年に施行された制度で、年収の3分の1を超えて貸金業者から借りる事が出来ないようになっています。
その背景としては今までは貸す側の基準によって決められていた為に、借金の多さと返済能力に差が出てしまっている事があったからです。
借金を返す為に借金を繰り返す事を防ぐ事が出来、多重債務による借金地獄になるのを未然に防ぐ効果があります。
しかし問題点としては借金を出来る金額が決められている為に、それを超えて借金をしたい場合には総量規制を行っていない場所で借りる必要があります。
その為に法外な金利や条件を受け入れなければ借りる事が出来ない人も出てきてしまい、以前よりも厳しい生活に追い込まれてしまっている人も作ってしまっています。
しかしこの総量規制は貸金業者が対象でありますが、銀行カードローンでは関係ないのです。
その為に規制前に借金が膨らんでしまい返済が難しくなった時には、2つ以上の借金を1つにまとめたりする事が出来るものがあります。
これによって返済に向けて低い金利で借りられると共に限度額に収まっていれば、総量規制に関係なく借りる事も出来ます。
総量規制により借金をするのに制限が設定されてしまいましたが、銀行カードローンに借り換えによって借金生活から普通の生活に戻るのも早くする事ができます。

なんどでも1週間無利息【ノーローン】

ノーローン公式ホームページはこちら

広告