おまとめローンは、年収の3分の1までしか借りられない「総量規制」の対象外です

総量規制というのは、簡単にいうと、年収の3分の1以上のお金を借りることができない、という制度です。

この制度が生まれた背景には、社会問題化した多重債務があります。

中流家庭の主婦などが、複数の消費者金融から少しずつお金を借りました。

その結果、利息が思ったよりも高くついて、返済不能に陥ってしまうというものです。

そういった事態を避けるため、借りられる上限を設けてしまおうというのです。

一見完璧に思える総量規制ですが、これにはいくつかの例外、そして対象外となるものがあります。

まずは、例外というものです。

例外は、専業主婦です。

専業主婦は収入がありませんので、制度をそのまま適用すると、1円も借りられないことになってしまいます。

しかし、専業主婦は、配偶者の収入を自分の収入とみなすことができるのです。

対象外の商品も。

銀行のローン商品は、全て対象外となります。

カードローンというものも、銀行が提供していれば対象外、つまり限度額まで借りることができるというわけです。

そして、おまとめローンも総量規制の対象外です。

というのも、一方的に利用者が有利になるような商品は、総量規制の対象外となり、おまとめローンはそれに相当するからです。

広告