おまとめローンと総量規制の関係やシステムに関する事

おまとめローンと総量規制の関係やシステムに関する事

| 未分類, 未編集

総量規制とは、貸金業者から原則年収の3分の1以上の借入が出来ないように制限された規制です。
貸金業者が自社貸付残高が50万円を超える時、または他の業者からの借り入れを総額して100万円を変える場合は、収入を証明する
書類の提示が求められます。
簡単に言えば、年収3分の1以上借りれず、一定額超えて借りる時は収入証明してくださいという決まりです。
こういった制限が設定された背景は当然ながら借金に困る人が多かったからで、貸金業者は昔、高利貸しと呼ばれた時代があり、多くの貸付を行いつつ、利息も高すぎるという時代がありました、そこで借金による破産等社会問題に発展し、こういった借金で苦しみ人生を壊す可能性を少なくする為に規制が設定されました。
総量規制の問題点としては、業者的には貸したくても貸せない、借りる側としても借りたいけど借りる事が出来ないというミスマッチが起こり、受け皿として法律にのっとらない経営をする闇金が受け皿になってしまう事は問題です。
総量規制の例外としてはおまとめローンは規制対象外になっています、こちらは借金を1つに纏めて返済負担を軽減する借金返済のサポートとして有効なサービスで、年収3分の1以上の借入総額で纏まっても大丈夫です。
おまとめローンは総量規制の枠外になっているのです。

広告