返済を一元化するおまとめローンで大切な総量規制という項目について

総量規制とは、難しい決まり事なんだろうなと知ることを躊躇してしまう方が読者の中ではいらっしゃるかも知れません。

簡単に言うと、キャッシングにおける総量規制というのは、借り手側の年収の3分の1以上の額の借入ができないという規則です。

この規則は消費者金融や銀行機関での自由用途のキャッシングに該当します。

なぜなら、この規制は消費者の持つ許容範囲額を超えて借金をしてしまい、返済不可能な計画を立ててしまう人がいるので、このような抜本的な利用者がより快適なキャッシングを利用できる為の規制を導入されたのが始まりです。

例えば、年収300万円だとすると、A・B社から各50ずつの貸付残高だった場合、C社から借入予定だった融資金を手に入れることができません。

しかし、おまとめローンの場合、ある一定の条件をクリアしていたら、年収3分の1以上の融資額を手に入れられることが可能なのです。

それは、おまとめローンにする際、以前の返済時の金利支払いが低下し、返済総額が少なくなる場合に関して総量規制の例外となり、年収の3分の1以上の借入することができるという訳です。

また、緊急の医療費の貸付の場合も総量規制の例外となります。

この点を踏まえておまとめローンを利用するに当たってメリットと言えば、以前より月々の返済額や返済総額を緩和はもちろんの事、不測の事態の緊急を要する費用額を年収3分の1以上の許容範囲まで拡大して融資が受けられるということです。

広告