20代前半の頃にお金のことで困った事がありました。それは、車の修理代のことです。

私は車に乗るのが趣味で、休日はよく車に乗ってドライブをしているのですが、雨の日に車に乗っているとスリップしてガードレールに衝突してしまいました。幸い怪我は無かったのですが、車が壊れてしまって修理が必要になりました。

車の修理代は20万円ほど必要になりました。私は会社に勤めていて給料も貰っているのですが、貯金を一切せずに給料は直ぐに使ってしまっていました。その為、車の修理代をどこかから借りないといけない状態になったのです。

初めは友達からお金を借りようとしたのですが、友達もお金が無くて貸してもらえませんでした。

このまま車が故障したままだとどうしようかと、本当に困っていました。

最終的には親からお金を借りる事ができました。お金を借りるときはものすごく怒られてしまい、貸してもらえないかと思いましたが、何とかお金を借りることができたのです。

実家まで電車とバスで帰って、申し訳ないと謝りながらお金を借りました。

貸してくれたお金は修理代金を満額貸してくれました。貸してもらったお金は、1ヶ月2万円ずつ返済していき、10ヶ月で完済しました。

本当にお金に困った時は、自分の親族に借りるのも一つの手段です。

しかし、お金を借りないように貯金をしていく努力も必要なのです。給料が出たからといって、直ぐに使ってしまうのではなく、少しでも貯金しておけば借金を回避することができるかもしれません。

なんどでも1週間無利息【ノーローン】

ノーローン公式ホームページはこちら

広告