カーローンの金利が高かった時代に親に現金をお願いしました。

20代の前半に私は親元を離れて一人暮らしをしながら仕事をしていました。

その時に会社には自動車の借り上げ制度というものがあり、自分の自動車を社用車として使用する代わりにその分の代金が会社から出るというものでした。

その為会社は自分の自動車を持つことを推奨しており、私も入社2年目でありましたが、自動車を購入することを考えていました。ただ、まだ貯金もほとんどなかったのでローンを第一に検討していました。

贅沢とは思っていたのですが、そこそこの自動車を頭金なしで買おうとしていたので手元資金の他に二百万円程度不足していました。

しかしそのころはまだ金利が高い時代でもあり、カーローンなどはかなりの高金利で支払総額がかなり多くなることが考えられました。それで母親にダメでも構わないので、金利がなくなるので頼むだけ頼んでみようと考えました。

そんなに大金をお願いするのは親とは言え初めてだったので、言いにくいことはかなり言いにくかったのですが、なんとか話を切り出しましたが、金額をなかなか切り出せないでいると、焦れて向こうから必要金額を切り出すようにいわれました。

かなり多額なので驚いていたようですが、結構あっさりと出してくれました。

金利がなくなったのでかなり支払総額は減ったのですが、遊びたい盛りの時に毎月の返済は結構大変でした。しかし一度も滞ることもなくちょうど2年で返済しました。

私の場合は切迫したお金の入用ではありませんでしたが、やはり親は説明などがしやすいので借りやすいと思います。しかし嘘をいってはいけません。

広告