高校の時から卒業したら専門学校に行きたいと考えていました。私の家庭は公立高校に行かせてもらうだけでも、やっとだったので、それ以上のことを親にお願い出来るとは思っていませんでした。

だけど、自分のやりたい将来の目標の為にと、高校に通いながらアルバイトをしてコツコツと学費を貯めて行きました。

専門学校にかかる総額が200万くらい必要だったのですが、卒業までに80万しか貯めることが出来ずに、初めてお金を借りるきっかけとなりました。

親に「学費が足りないから、120万を貸して欲しい」と切り出したら、反応は悪くなく、将来必ず働きながら返していくという約束で、借りることが出来ました。

専門学校に通いながらもバイトの毎日、卒業旅行の海外に参加出来るわけもなく、辛い思いもありましたが、親がお金を貸してくれたこと、専門学校に通えてることに感謝しながら毎日を過ごすように決めました。

卒業してからは結局、自分のやりたかった目標の仕事をやり通すことはなかったです。別の仕事に就きながら、なぜ自分は親にお金を借りてまで、専門学校に行ったのだろう、と落ち込むこともありました。

だけど、学校での色々な経験でかけがいのなものを得ることが出来たので、後悔はしませんでした。

社会人として勤めながら、毎月親に借金を返していく中で、多くない給料の中から返済するのが苦しくて、返すのをサボろうかという気持ちもなきにしもあらずでしたが、親から「借りたお金は、遊ぶ間も一切惜しんで絶対的に返せよ。」という威圧が凄かったので、毎月の給料から家に入れる生活費と共に、半ば強制的に借金の返済額を徴収されていました。

全ての借金を返済出来たときのすがすがしさと言ったら、それまでの親がかけてくれた圧力にも感謝出来たほどです。

現在、お金に困ってる方へのアドバイスとして、借りたお金は思ってる以上に実際は返すのがなかなか大変だと思うので、それをよく覚悟してやり繰りに気をつけて頂ければと思います。

なんどでも1週間無利息【ノーローン】

ノーローン公式ホームページはこちら

広告