» キャッシングのブログ記事

社会人二年目のときに、プライベート用のラップトップが壊れて買い換えたり、友人の結婚式が重なりご祝儀がかさんだために生活費が自分の給与だけでは回せなくなったためにエポスカードでキャッシングを利用しました。

もともと手取りの給与も少なく、アパートを借りていたので自由に使えるお金は毎月大してありませんでした。また、ちょうど何かの買い物のクレジット払いが結婚式の予定が入る月に重なってしまったというタイミングの悪さも重なりました。

当初は家族から借りようと思っていたのですが、社会人にもなって親にお金のことで迷惑をかけるのは申し訳ないな、という気持ちが働き、カードでのキャッシングでしのぐことにしました。

エポスカードではキャッシング額の上限を申し込み時に30万円に設定しておき、その時は10万円を借り入れました。返済は最初は2万円の毎月固定額返済の予定で返済をしていました。

しかし、その毎月二万円返済も当時の収入の状況からは厳しいものがあり、途中から1万円の返済に切り替えました。

返済期間が延びることで利子が増えてしまいましたが、2万円のままではまたどこかから借金をしなければいけなくなるという怖さがあったので余裕を持って返せる1万円に設定しました。

これからキャッシングを使おうとしている人には、よくCMでも言われていることですが、計画を持った借り入れが本当に必要だと思います。

私は今回の件で苦しい思いをしました。人生における授業料だったとは思いますが、もう少し足を踏み外していたらと思うと怖かったなという思いもあります。

広告