» 債務整理のブログ記事

5年前、借金の総額が300万円になりました。内訳は、消費者金融3社で200万円、ショッピングのクレジットで100万円でした。

返済額は毎月8万円、そのうちで元本返済は2~3万円くらいです。給与が毎月35万円くらいあり、独身だったので、返済はそんなに苦しいというわけではありませんが、このペースでいくと、完済まで気が遠くなるほどの時間がかかることに嫌気がさし、弁護士事務所に相談に行きました。

借り換えで返済額を少なくするという手段もありましたが、実際、その半年前に借り換えをしており、しかし、借り換えによって大きくなった借金枠をまた、使ってしまい借金総額がまた膨らむという経験をしたので、自分の意思の弱さでは同じ事になるのがわかっていましたので、最終手段として破産を考え、相談に行ったのです。

弁護士事務所での相談で、すすめられたのは、破産ではなく債務整理でした。

弁護士が債権者と交渉し、負債の減額、利率の低減などを話しあうことで、月々の返済は2万円くらいになるということでした。

自己破産では、月々の返済は0円になるのですが、その後のことを考えると債務整理の方が復帰が早いということで、債務整理を選びました。

復帰というのは、ブラックリストには破産も債務整理も掲載されるが、債務整理は完済後、ブラックリストからの削除が破産よりも早いということです。

自己破産では、ブラックリストから外れて新しいカードが作れるようになるのに8~10年かかるが、債務整理だとその半分くらいの期間と聞きました。

昨年、全ての返済は終わりました。まだ、カードの申し込み等行っていないので、信用情報が回復しているのかどうかはわかりません。

広告