» 副業・バイトのブログ記事

私がお金に困ったのは、24~25歳ごろです。

始まりは、勤めていた会社の給料未払いです。

大学を卒業して一人暮らしをしながら、ある会社に入社したのですが、入社からちょうど1年経ったころ、給料日に給料が振り込まれませんでした。

会社側はいろいろ理由をつけて後日振り込む、と社員に説明しましたが、いつまで経っても振り込まれず、2、3週間、毎日ATMに行っては、残高3000円という画面表示を見てあせっていました。

ついには定期も期限が切れ、約1万円の定期代を購入することもできず、やがて切符代もあやうくなって、「いつまで出勤できるかな」という状態になり、とにかくまず食費を節約して、毎日ごはんと納豆だけで過ごし、本当に不安でした。

親にも心配をかけたくなかったので相談もせず、短期間でしたが孤独な毎日でした。

日用品や食費は、万が一のときは退職してバイトする、という選択肢も考えていたし、バイト先のあてもあったので、とりあえずクレジットカードで購入しました。

最終的には、いよいよ約6万の家賃を払わなければならなくなったので、家賃と1カ月分の生活として、約10万父親から借りました。

そして、会社も倒産が近いということを上司から聞いたので、未払いの給料はあきらめ、退職して、とりあえず学生時代に続けていたアルバイト先(レストラン)にお願いして、働かせてもらいました。

事情を話したら、店長の好意で、本当は時給1000円のところ、1400円にもUPしてもらえ、社会保険なども入れてもらい、残業も優先的にさせてもらうことができました。

1カ月後、バイト代で約26万の収入が入り、転職先も決まったので、父親に借りたお金を返すことができました。

クレジットカードの請求は、5万くらいだったので、リボ払いに切り替えて月1万くらいの返済にして予定どおり返済できました。

その後も、転職先の同僚が缶詰やレトルト食品をくれたり、上司がお昼ご飯をおごってくれたり、彼氏が光熱費を払ってくれたり、親が心配してお米などの食料を送ってくれたり、いろいろな人に助けられて、特に大きな借金をすることなく、なんとか解決しました。

私の場合は、理由が会社の給料未払いという仕方ない理由ということもあったと思いますが、わりと早めに親や周りの人に相談できたことが、精神的にも節約面でもよかったと思います。

それから、「とにかく一刻も早く収入を得る」ことを考えて、バイト開始したタイミングも、短期間で解決できた理由だと思います。

起こってしまったことについて後悔したり、悩んだり、誰でもしてしまうと思いますが、誰かに相談すること、収入を得ること、を考えるのが重要なのかなと思いました。

広告