» 副業・バイトのブログ記事

私は勤めていた大手製造メーカーの管理職になっておりましたが今後の仕事の幅、キャリアとしての平凡さを危惧し、2010年に、ベンチャー企業へマーケティング担当役員として参画しました。

しかし、私が元の勤め先に退職の意志を伝え、上長からの慰留に対しても固辞し、社内、得意先に退職することがオープンになったちょうど翌日、ベンチャー企業内部で空中分解が起きておりました。

ちょうど30歳になる年でした。

ベンチャー企業に入社することなく、私は無職となりました。

見込んでいた定期収入も無くなり、しかし、ベンチャーでのキャリアを積みたかった私はそのまま当時流行であったWEBの受託ならば独学で稼げると聞き、なんの技術も無いままIT企業を設立しました。

お勉強だけは得意だったので、なんとかなるだろう、という甘い考えでした。

無収入になり、月々の生活費と加えて事業運営資金をまかなうには最低30万円の売上が必要でしたが、営業をかけども営業をかけども売上はすずめの涙ほどしか上がりませんでした。

大企業に勤務時代、給料は良かったのですが、ほとんどのお金が社内接待に消えていた私の預金残高はみるみるうちに減っていきました。

そこからは必死でした。

営業は出来るが技術がないので、まともな仕事が受注できない。

ただ時間を掛ければ確かに独学でも技術はつきそうだ、と感じた私は朝から夕方までWEB受託、夕方以降や土日を短期バイトなどを入れることで生活維持を果たしました。

今までアルバイトをしたことが無かったため意外と世の中を知る意味で楽しく働くことが出来ましたが30歳を過ぎていましたので、身体を壊したらどうしよう、という恐怖に常に襲われていたのは事実です。

WEB受託の仕事に関しては営業をかけ、得意先が増えると、毎月の定額収入や定期の仕事が増えてきて、結果、1年間かけてアルバイト収入無しでも生活費を稼ぐことが出来るようになりました。

大体毎月の定期収入15万円に新規受注20万円といった感じです。

インターネットにつながったパソコンがあれば、不労所得ではないですがインターネットを介した時間と場所に囚われない労働所得も得ることが可能です。

最近では3万円前後でも十分な性能を持ったパソコンを購入することも可能ですので、是非、収入源の一つとして検討されることをお勧め致します。

広告