2020年の5月くらいにアイフルでお金を借りました。

アイフルにしようと思ったのは、ずばり知名度が高い会社だったからです。

東証一部に上場している企業だということ。

CMがジャンジャン流れている会社だということが、お金を借りる決め手となりました。

お金を借りた理由

本来であればアイフルなどの消費者金融に借りなくても、自分で何とかすればいいのです。

が、当時の私にはそれしか選択肢がないというのが正直なところでした。

サラリーマンである夫の収入がコロナによって激減。

私のパート収入が減ってしまったので、生活費の補填をしたいというのが借入をした主な理由です。

契約手続きはWEBで

契約手続きをおこなったのは、パソコンからです。

自宅から2駅先の駅にもアイフルの店舗があったので直接出向いても良かったです。

が、やはり近所の人に、万が一見られたら非常に恥ずかしいと思い、自宅で借りられる所を探しました。

WEB申込、審査で必要なのもの

審査の時に必要だったのは、いくら借りたいのかという希望額と個人情報などです。

個人情報は氏名や住所そしてメールアドレスなどです。

他にも、自分の住んでいる家が持ち家か借りた家かなどの項目もありました。

幸い我が家は住宅ローン返済中の持ち家。

持ち家の方が審査に通りやすいと聞いていたので、このような質問があってほっとしました。

また勤め先の情報やおおよその年収などを答える欄などもありました。

免許証に記載してある番号も細かく求められました。

思っていたよりも項目数が多い感じで、こんなに書くのかと驚きましたが店舗に行くよりは数倍ましだと我慢しました。

振込は審査通過後、すぐ

ウェブで答えたのが夜間の時間帯(午後10時くらい)だったこともあり、審査通過の通知がきたのは次の日の11時くらいでした。

サイトには60分で審査終了と書いてありましたが、さすがに夜は審査してないようですね。

振込は指定してあった銀行口座に即日入金されていました。

30万程度の借り入れでしたが、これで家族4人が当面ごはんを食べられるとほっとしたことを覚えています。

借入はしないことに越したことはありませんが、お金に困って無理心中などをすることを想えば割り切っておこなった方がラクだと思います。

月々の返済も意外とできるものなので、迷っている方は検討してみてもいいと思います。

広告