アイフルなどの消費者金融は、昔はあまりイメージが良くありませんでした。

が、テレビCMや、街中の看板などを目にすることが多くなりました。

自然と悪いイメージが少なくなっていきました。

そうして、昔と比べてお金を消費者金融で借りることへの抵抗感がなくなりました。

2019年12月頃に、少しお金が必要だったのでアイフルで30万円程の借入をしました。

借入の理由

借入をした理由としては、大学時代からの友人から、久しぶりに海外旅行に一緒に行くお誘いを受けました。

が、まとまった貯金が無かったので、旅行資金として借入をしました。

他の消費者金融近くにありましたが、アイフルで

他の消費者金融の窓口も近くありました。

ですが、アイフルが一番テレビCMでの印象が良かったので、他からの借入は検討しませんでした。

手続きのやり方

契約手続きは、職場の最寄り駅の近くにある窓口で申し込みを行いました。

その場で審査結果がわかります。

そして、すぐに借入をすることが出来ました。

割とあっさりと、友人との旅行に必要な資金を、その場で手に入れることが出来ました。

審査に必要な書類

審査には、本人確認書類として免許が必要です。

借入金額が少額だったこともあって、用意していた収入証明書等は、求められることがありませんでした。

その場で審査結果も判ります。

審査申込を、その場で行ってから、審査をされてます。

その場で、しばらく待ってから結果を知ることが出来たます。

想像よりもスムーズに手続きが進んでいきました。

返済は、コンビニのATMで

急な友人からの旅行のお誘いに乗るために、借入をしたので、借りたお金は、次のボーナスの時に一括返済しました。

返済は、コンビニエンス・ストアにあるATMから出来ました。

返済は完了済み

現在は、すべて借入金を完済しています。

借入期間が短かったこともあって、利息の金額は、それほど大きな負担とは感じませんでした。

長期返済は避けられるようにした方が良いと思います。

お金に困っている人が一時的に消費者金融を利用して必要なお金を借りることは、悪いことだとは感じません。

そもそも生活費が足りなくて借入をしてしまうと、返済が大変になります。

返済期間も長期に渡ってしまうことが懸念されます。

今、お金に困っている人は、なるべく金利が安い借入先を選ぶことが重要だと思います。

返済の目途が立たないようであれば、借り入れは避け、生活保護などを検討したたほうが良いといえます。

また、日頃から少しずつでも貯金を行って、なるべくいざという時の借入金額を少なくしておいた方が、返済や利息のことを考えると安全です。

広告