先物取引で大損し、家賃すら払えなくなってクレジットカードでキャッシング

20代後半の時に友人の勧めで先物取引をしまいした。

最初のうちは調子よくプラスになっていたのですが、欲が出てきてもっと稼ぎたいと思って続けているうちにマイナスになってしまいました。

追証がかかって証券会社に60万円位支払わなくてはいけなくなり、給料だけではまかないきれない金額になって貯金を全部使い果たし、生活費までも支払いに当ててしまいました。

そしてその支払いを先にしなければいけなかった為に家賃に回すお金がなくなり、家賃や光熱費などの生活に必要な支払いができなくなってしまいました。合計で10万円程足りない状況でした。

給料日までもだいぶ日にちがあり、親に借りようとしたのですが断られてしまいました。友達にも頼んでやっと2万円程は工面できたのですが、まだまだ足りない状況でした。

日払いのアルバイトも探したのですがなかなか見つかりませんでした。家賃は催促されるし、電気やガスがいつ止まるかひやひやして毎日不安と焦りでいっぱいでした。

ローンとかは利息が付くのであまり利用したくはなかったのですが、最終手段としてクレジットカードのキャッシングを利用しました。

DCカードと三井住友VISAカードを持っていたのでそれぞれから10万円ずつキャッシングしました。とりあえず合計20万円借りれたので何とか解決しました。毎月各会社に1万円ずつ返済しました。

儲かればいいけれども損すると大変な事になる先物取引などは、よっぽどお金に余裕がない限り安易に手を出さない事と、やるからには毎日価格の変動をチャックしたり自己管理ができなといけないと思います。

お金に困ったらまずは家族や知人にお願いするのもいいけれども、友達とかに頼むと気まずくなったりする事もあるので、返せる額ならばキャッシングを上手く利用するのも手だと思います。

広告