» キャッシングのブログ記事

そもそもはFX取引だったのです。

FX取引を初めて利用したのが8年前。

その時に手元の50万円をたった2日で110万円にしました。

「こんなに簡単なものだったのだ」と喜んだ私は更に儲けを出そうと動いたのですが、この後は急降下。

結局は元の50万円も使い果たしてしまったのです。

これが30歳の時でしたが、その後は資金を捻出するためにオリコカードからキャッシング。

キャッシング枠は100万円あったのですが、最初は30万円をキャッシングしてFX取引にぶち込みました。

しかし、こういうお金はたいてお溶けて無くなるものです。

残りの枠もすぐに使いきって次のカードのキャッシングをし始めました。

ただ、カードキャッシングでしたから、資金調達までの時間はかかりません。

銀行に行ってカードをATMに差し込むだけですからね。

結局はすべてのキャッシング枠の満額である290万円を使い切ってそれでも足りない状況に陥ったのでした。

しかし、問題はそれからです。

290万円のキャッシングはかなりの高額。

返済が重くのしかかりました。

毎月の返済額は4万円程度。

これは普通のサラリーマンにとっては厳しい数字です。

借りてから8年が経過しますが、まだ完済には至っていません。

計算上は5年もあれば何とかなるのですが、どうしても追加でキャッシングをしてしまうのですよね。

皆さんにアドバイスしたいのですが、FX取引をやるのであれば必ず自己資金でやってください。

借金でするものではありません。

絶対に大きな後悔をしますよ。

広告