お金のことばかり考えて、辛い日々でした。

気が付くとお金が足りない・・・という生活に陥ったのは、20代半ばのことです。なぜお金が足りなくなるかというと、自分の収入を上回る買い物をしたり旅行をしたししていたためで、まさか自分が借金を重ねることになるとは思ってもいませんでした。

初めてお金を借りたのは2万円で、たしか、好きなアーティストのライブに行くためのチケット代がなくて借りたのです。

我慢しようとも思わずに、そのお金はアイフルで借りたのですが、2万円なので当然すぐに完済できました。お金もすぐに借りられたので、お金がない、という不安もなかったのです。

でも、意外と簡単にお金を借りられることが分かってからは、いくつかの会社でキャッシングを繰り返すようになってしまい、気が付くと総額で200万円近い借金をしていたのです。

内訳は生活費と言うよりも遊興費といっていいと思います。返済日には、利子だけを返すことが5年くらい続いて、さすがに月末ごとにお金のことを考えている生活に耐えられなくなりました。

当時5社くらいに借りていたので、まずそれを一つにまとめようと考えて、モビットと契約して、そのほかの会社にはすべて返済しました。モビットだけに返せばいいとなると、断然気が楽になりました。

気が楽になったので肉体的にも楽になり、昼間の仕事に加えて夜はアルバイトをするようにしました。それで収入が増えた分を返済にまわしたので、月々5万円くらいの返済を約2年間続けたと思います。

どんな理由であれ、お金に困った時は借りられるところを確保しておいたほうがいいです。でも、できるなら何か所にも分散するのではなくて、一か所でまとめて借りて管理したほうが精神的に楽だと思いますよ。

あとは、本業以外にも在宅で文章を書くだけの仕事のような収入の口を作って、少しでも早く返済できるようにしたいと思います。

広告