» 貯金の取り崩しのブログ記事

妹夫婦が離婚をしてしまいました。まだ、30代半ばの同い年の夫婦でした。

義弟が、消費者金融に借金することを、やめることができず、とうとう離婚となったのです。

最初に妹が気がついたときは、借入金は400万円にも膨れ上がっていました。

妹夫婦には1人息子がいたのですが、その子の貯金箱の中の小銭が少しずつなくなったことが、発覚のもととなりました。

ギャンブルが借金の理由でした。パチスロです。

最初は軽い気持ちで一社から借りて、その返済のためにまた、他社から借りてとなり、あっという間に400万円もの借り入れになりました。

子どもの貯金箱からとった小銭で、昼食などを食べていたそうです。子どもは、家に泥簿が入ったと信じ込み、おびえていました。

妹は、そのことを夫に相談したとき、泥棒が入ったかもしれないのに、「大丈夫、大丈夫。他のものはとられていないんだから」と軽く受け流したそうです。そのとき、おかしいと気がついたようです。

結局その400万円は、妹が結婚前から貯めていた貯金を崩して、代わりに返済をしました。

今思えば、と妹が話したことがあります。通帳を見せて、といったら、

「キャッシュディスペンサーでお金を下ろしたときに、通帳の記入がいっぱいになって、返ってこなかった。だから、今は手元にない」

といったことがあったそうです。

また、「会社の車を乗っていてぶつけてしまって、修理に10万円かかるから、お金をちょうだい」と何度も同じような話をしたことも変だなと思ったそうです。

なんだか変だと気がついたそのときに、もっと追求していれば、数百万円もの借金にはならなかったかも、と言っています。離婚もしないですんがのかもしれません。

広告