» 実家の援助のブログ記事

10年前のことです。主人は長年、一つの会社で働いていました。おかげで、その会社の中では重役となり、落ち着いた生活ができていました。

しかし、その会社に出入りしている女性と浮気をしていることが発覚したのです。会社のなかでも噂になってしまい、隠しきれる状態ではなくなってしまいました。

なんとか女性問題は解決したのですが、罰としてお給料が減額されてしまいました。子供が高校生と中学生だったので、学校や部活などでお金がかかります。

主人は約7万円減額され、ボーナスもカットされてしまったので、月々の生活が赤字となってしまいました。今までボーナスで補っていたものもあったので、1か月8万円は赤字でした。

私も、仕事を探しましたが、子供たちの部活の関係もあり、少しの時間しか働くことができませんでした。銀行の通帳を見れば、どんどん減っていくばかり、生活費も底をつく日が間近に迫ったときは、一日中お金のことばかり考えていました。

生活費は、なかなか節約できなくて、せめて食費だけでも節約しようと思い、もらった野菜を食べたり、お値打ち品を買ってきて料理に使っていました。肉は、あまり食べることもありませんでした。

仕方なく、私の両親に相談をしました。以前から、お給料が減ったことは知っていて、生活を心配してくれていたのです。

両親は、毎月5万円ずつお金を銀行に入れてくれました。本当はマイナスになる8万円必要でしたが、そんなにお願いすることもできず、5万円でも助かりました。

そして、私も少しずつですが働いて、なんとか生活をしていくことができました。それから10年、主人のお給料も、その時より上がり、ボーナスももらえるようになり、生活も落ち着きました。

あの時の両親からもらったお金は、いつか返そうと思い、毎月貯金をしています。5万円を約3年間助けてもらっていました。

今、お金に困っている方、きっと多いと思います。でも、苦しい時期はずっと続くことはありません。

まずは、信頼できる人に相談することが大切だと思います。相談できる人が居るだけでも、心が軽くなります。そして、必ず解決する時がくると思います。自分の生活も見直し、最低限の生活を送れれば、それでいいと思います。

広告