» お金に困った時の話のブログ記事

私は40代前半の男性で自営業を営んでおります。

2年前に地元の地方公務員を辞め現在に至っております。

初めては、アイフル

初めて消費者金融を利用したのは、アイフルでした。

利用を申し込んだのは2017年10月下旬頃です。

アイフルを利用した理由は、パソコンが故障してしまい新調する必要があったからです。

また、同時に職場関係や学生時代の友人との忘年会をはじめとした飲み会の予定が入っていたのも理由になります。

アイフルを選んだ理由は二つ

数多くある金融機関でアイフルを選んだ理由は二つありました。

一つ目は、インターネット記事で審査に通りやすい情報をキャッチしていたからです。

過去に地方銀行のカードローンを利用していた時期があります。

支払期限に間に合わず延滞したことも。

それが家族にバレてしまったこともあります。

なるべく周囲の人に知られたくない点もアイフルを選んだ理由になります。

ほぼ同時期に楽天のスーパーローンも検討しましたが、最終的にはアイフルに決定しました。

希望借入金額は、20万円

なお希望借入金額については、20万円にしました。

実際に申込した方法は、WEBと自動契約機の併用になります。

審査の流れについてですが、仮審査と本審査の二段階方式でした。

一次審査は、WEBの入力内容が対象

一次審査は、WEBの入力内容がその対象になっていました。

申込後1時間以内でメールで通知が届きました。

二次審査は、オペレーターとのやりとり

次に二次審査についてですが、本人確認書類の提示と収入状況についてオペレーターを通してやり取りしました。

必要書類については、運転免許証などの本人を証明できるもの。

それと、収入があることを証明する給与明細書の2点でした。

借入銀度額は30万円

審査の結果、借入銀度額は30万円でしたが、実際に借入したのは20万円でした。

返済については、支払回数を選択できたので12回払いにしました。

毎月の最低支払金額は15,000円前後だったと記憶しております。

なお、実際の返済につきましては口座引き落としではなく専用のATMを利用していました。

この方法を選んだ理由は、銀行のATM感覚で入出金ができ自由度が高かったからです。

1000円単位で借入できる点にも魅力を感じました。

借入している期間に気を付けていたこと

借入している期間に気を付けていたことは、過去に返せなくなった失敗がありました。

なので小遣いの範囲内で返せるように、やり繰りしていました。

なお、返済については延滞もなく完済できました。

現在もお金がピンチになった時に1万円とか2万円など小遣いの範囲でやり繰りできる少額で利用することがあります。

アイフルでお金を借りる時に注意すること

最後になりますが、お金を借りる時は緊急性そして必要性が高いのか検討してみると良いです。

返済のコツについてですが、小遣いの範囲内でやり繰りできる点がとても重要。

このルールを決めていないと、ついつい借り過ぎてしまうからです。

時と場合によって急な出費が発生することがあるので、事前に貯金しておくと良いです。

貯金については、生活用とは別な口座を開設しておくと効果的です。

現在の仕事は依然と比べると収入がアップしたので生活にも余裕が出てきました。

しかし、自営なのでどうしても収入に波が出てしまいます。

そのため、月の稼ぎ1割をそれぞれ生活用口座から出金し地方銀行と証券会社の口座に入金しています。

計画的にマネープランを立てれば、急な出費にも対応できるようになりますので、あなたにマッチしそうな貯金方法を見つけてください。

広告