» お金を借りた体験談のブログ記事

自分がアイフルを利用したのは、2020年3月頃です。

新型コロナが蔓延してしまい、仕事が激減。

給料がビックリするくらいありませんでした。

会社としても、社員を守りたいという気持ちはあるよう。

で、「最低限度の生活できる給料は与える」と言われました。

会社からもらえる額では、生活が難しかった

しかし、その給料では生活していくことができません。

家計の見直しをし、いらない支払をいなくし、保険や携帯料金など月で支払っていかなければならない支払いを下げました。

それでも生活費するのには厳しい状態でした。

そのため、一時期だけでも借り入れをしようと思い、銀行や消費者金融のカードを探し始めました。

最初に検討したのはイオンカードローン

最初に借り入れしようと思ったのは、メイン銀行にしていた「イオン銀行のカードローン」です。

銀行系のカードローンなので、金利も低かったです。

また、イオン銀行ATMならいつ返済しても手数料無料だったので魅力的でした。

しかし、仮審査の結果がわかるまで1週間以上かかり、融資してもらえるまで1ヶ月ほどかかる感じでした。

融資まで時間が掛るのでアイフルに

自分は、なるべくすぐに融資してほしかったので、審査結果がすぐわかる消費者金融を選びました。

消費者金融の中でもアイフルを選んだ理由は、「頭に浮かんだ」からです。

テレビCMの「そこに愛はあるんか」というセリフが頭に浮かびました。

消費者金融といえば「アイフルだ」と思い、インターネットで申し込みをしました。

アイフルはネット申し込みだけで完結

アイフルは、ネットだけで申し込みから融資まで完結することができるので、とても楽ちんでした。

しかも、銀行系のカードローンとは違い、審査スピードも早かったです。

申し込みしてから、1時間くらいで電話がかかってきました。

審査を通過したことを伝えてくれました。

利用額は「10万円」にしました。

まずは、1ヶ月ほど耐えれるほどのお金があればいいと思っていたので、これくらいにしました。

アイフルの審査について

審査に必要だった書類は、身分証明書だけでした。

あとは、ネットで必要事項を入力していきました。

身分証明書の写真と、自分の顔写真スマホで撮って送るだけで良かったです。

とても簡単でした。

これからが良く判らない状態での借り入れはやっぱり不安です。

アイフルに借り入れすることで不安なことはありませんでした。

が、このままコロナ禍が続き、アイフルに借り入れが続いたら、ちゃんと返済できるのかは不安に思っていました。

返済方法は、月払いで契約しました。

月4000円で支払い始めており、現在も支払っています。

アイフルは、提携ATMが複数あります。

コンビニのATMでも返済することができるので、コンビニATMで返済するようにしています。

アイフル、借入はしやすい

アイフルは、とても借り入れしやすい消費者金融だと利用してみて感じました。

申し込みから融資までネットで完結することができます。

審査スピードも早く、申し込む時間によっては即日融資もできそうです。

消費者金融で借入しようと思っている人におすすめします。

広告