» お金を借りた体験談のブログ記事

21歳の頃から現在に至るまで会社勤めをしている32歳のサラリーマンです。

4年前の2017年7月ごろにアイフルを利用しました。

既に銀行からの借入があり、その返済を行っている最中でした。

アイフルの自動契約コーナーが職場から一番近く行きやすいので、アイフルから借りました。

利用目的は?

東京で行われる後輩の結婚式へ出席するための交通費や宿泊費、および祝儀として使うお金を借りました。

欠席も考えました。

多少はお車代を出してくれるだろうと考えたのと、他の友人が多く出席するため、欠席しづらい状況だったので、出席することにしました。

審査について

審査は、職場から近いJR小倉駅の近くにある自動契約コーナーで行いました。

知り合いに入るところを見られると嫌だな、と思いながら自動契約コーナーに入ったのを覚えています。

オペレーターと音声でやりとりをしながら、自動契約機の操作と置いてある申込書への記入、運転免許証のスキャンを行うことで審査への申込ができました。

そのまま自動契約コーナーで十数分ほど待っていたら、審査通過となりました。

契約について

審査からそのまま自動契約コーナーで行いました。

オペレーターの指示に従って、書類や自動契約機の操作を行って契約を進めました。

最終的に30万円の枠が与えられた貸付カードが発行され、そのまま30万円の借入を行うことができました。

30分以上自動契約コーナーにいましたが、借入することに対する自身への情けなさや変な緊張感があり、嫌な汗をかきました。

出るときも、知り合いに見られていないか、とても気になりました。

返済について

返済は銀行口座からの口座振替で月々行っており、毎月11,000円を返済しています。

しかし、人付き合いに関する出費が多く、たびたび追加の借入を行ってしまうので、完済には至っていません。

30万円近い金額がそのまま借入残として残っています。

出席した結婚式は盛り上がりました。

が、二次会等での出費が多かったうえに、お車代も5,000円と少なく、金銭事情的には欠席するべきでした。

また、たびたび増枠の案内がメールや電話で来るのです。

が、電話でかかってきた際に口座引き落としにエラーがあったのではないかと考えてしまいます。

お金を借りている状況自体もそうですが、こういった連絡も精神衛生上良くないです。

お金に困っている人へのアドバイス

自分の我慢でお金を借りずにすむのであれば、我慢する方が良いです。

どうしても借りる場合は、売れる持ち物を可能な限り換金するなどして、借入金額が少なくてすむようにされることをお勧めします。

また、サラ金で借入する羽目になってしまう時点でお金の管理能力がありません。

なので、借金を増やさないためにもお持ちのクレジットカードは解約してしまいましょう。

便利な決済手段は、あなたの借金を必要以上に増幅させます。

広告