5年前の高校3年生の時です。最初は就職希望だったのですが、夏休みに参加したオープンキャンパスがきっかけで、どうしても進学をしたいと思うようになりました。

ですが、私は3人兄弟の1番上で、まだ幼い弟たちもいますし、あまり親にお金の負担をかけたくありませんでした。やはり、お金がないと進学はできませんし、もうとっくに4月から支給される奨学金の締め切りは過ぎてしまっていました。

今思えば、その時に進学が決まっていなくても、申請だけで出しておけばよかったと思っています。

親との約束で、特待生で学費が半額免除されるので、その試験を受け、残りは奨学金を借りる。ということで、親も進学を許してくれました。

奨学金ですが、8月支給の分に申請をするしかなかったので、それまでのお金は、母に借りることにし、足りない分はアルバイトをしてしのぎました。

奨学金は、無事8月に借りることができ、月々10万を大学在学中の48か月間借りました。奨学金で、自分の希望していた学費の金額、すべてを補うことができました。

返済計画ですが、月々3万ずつを20年かけて返済していく予定です。返済をし終えるのが、私が42歳の時ですので、今はまだまだ果てしなく感じています。

しかし、奨学金で、学費を工面することができたおかげで、大学に進学することができましたし、たくさんのことを学ぶことができました。

今、大学進学にお金がなくて困っているため、進学することができない、という方は、ぜひ奨学金を検討に入れてください。きっと、銀行などで教育ローンを組むよりも良いと思います。

なんどでも1週間無利息【ノーローン】

ノーローン公式ホームページはこちら

広告