競馬で人生を棒に振った80歳の父は典型的なダメ人間

どうしようもない親を持つと本当に不幸なのですが、私の80歳になる父はまさにこの基準に該当する人です。

幼少の頃はお手伝いさんが3人もいたような生活だったらしいのですが、甘やかされたおかげで社会性の全くない人間になってしまいました。

そんな父がはまったのが競馬。25歳の時にたまたま大穴を当てたのがきっかけらしいのですが、それから今に至るまで競馬を止めることは出来ませんでした。

当然のことながらお金が続かないので借金をするわけですが、今のように認知された消費者金融ではなく当時の街金からの借金です。総額にしたら数千万円になるとは思いますが、この尻ぬぐいをしたのは実の妹でした。

借金取りが私の家に来ると父は平然と「金は妹が返すからそっちに行ってくれ」と信じられないことを言うのです。そして、心優しい妹は自分とは関係の無い借金を肩代わりし、最終的には自宅のマンションを売却してまでお金の都合をつけたのでした。

全額を返済したのかどうかも定かではありませんが、今現在の父は生活保護を受けて東京で暮らしています。さすがに借りたくても貸してくれるところがないので、今は悠々自適な生活といえます。

何だか釈然としませんが、父は過去のことを一切忘れたかのように振る舞っていて、とても満足そうにさえ見えます。

その上、私の元にはたびたび無心の電話さえあります。生活保護を受けているのですから、ある意味大変安定した生活になっているはずなのに、保護費支給日からものの数日で電話を掛けてきます。

このようにどうしようもない父ですが、皆さんもこんな境遇に陥ることのないように、ギャンブルだけには十分に注意をして欲しいと思います。
 

広告