自宅が火事になった時、急な出費はどうするべきか

実家のマンションが火事になった時の話です。

私がまだ実家に住んでいた頃、火事が起きました。マンションで、しかもレンガ作りのため、火事が起きても大したことないだろうと思っていました。

マンションの1階は飲食店になっており、出火原因はそこからでした。

私は6階に住んでおり、高いからそこまで火はあがらないと思っていたのですが、予想以上に火が上に燃え移ってしまい、煙が充満し、すぐに避難することになりました。

建物自体は焼けていませんが、ベランダにあった洗濯物や植物にどんどん引火していった結果、上の階の部屋の中まで、少し焼けてしまうという事態になってしまいました。

私たちの部屋は居間が半焼しており、通帳を全部持って逃げたと思っていましたが、居間の戸棚にも通帳を入れてあったそうで、それは全部焼けてしまいました。

部屋の復旧は飲食店の責任と保険で大丈夫でしたが、復旧までの間の住む家の家賃はすぐには出せないのでとりあえず自分たちで出してほしいとのことでした。

祖父母や親せきは皆遠方に住んでいるため、仕事があった私や父は頼るわけにはいきませんでした。

仕方なく安い家を借りることになったのですが、持っていた通帳の貯金はあまりなく、敷金礼金でいっぱいだったようでした。今すぐ生活のお金が必要だったため、父と母の両祖父母に仕方なく援助してもらうことになりました。

本当にいつ何が起こるか分からないので、お金の当てを常につくっておくことが大事だと思いました。

広告