まさかの使い過ぎ

まさかの使い過ぎ

| お金を借りた体験談, 未分類, 未編集, 親兄弟・親戚に借りた

お金に困ったのは大学4年の夏です。

お金がなくなった理由はクレジットカードを作りいつもクレジットカードで支払いをしていて余ったお金で趣味につぎ込んだからです。金額は学生では高い7万円です。

最初は短期バイトでお金を支払おうと考えました。

お金が出来るまではキャッシングしかないのではと考えるほどでした。最終的には親にお金を借りる形で解決しました。返済期間ですが一括で返済できました。

今お金に困っている人は多く居ると思います。クレジットカードで買い物をしてそれをお金に替えて返済に当てている方もいると思います。

クレジットの現金化をやっているお客さんを僕は何度も見ています(ゲーム屋でバイトしています)そのような人は二、三ヶ月すると姿を見せなくなります。

見せなくなる直前には訳の分からないクレームを入れて来てお金の要求をしてきます。

そして、他人の迷惑になるような態度を店頭で取るような大人も居ます。リボ払いや分割、そしてクレジットカードが使えなくなり店頭でクレジット会社に電話することが多々あります。それを見ていると自分で首を絞めている事が分かっていないのかな?と思います。

ギャンブルを僕は一切やりません。確かに友人がギャンブルをしていて3万勝った!など聞いた事が有りますが、世の中にそんな美味しい話はそうそう続かないと思います。

友人は毎回負けた勝ったの話をしています。ギャンブルほどハマりやすいものはないと思います。仮にそんなにハマった場合TVやギャンブルをする所をさけて通り熱が冷めるまで待つしかないと僕は思います。

広告